episode11:プロマウンテンバイクアスリート 池田 祐樹さん

インタビュー音声は上記の再生ボタン、または「Spotify」「Apple Podcast」からもご視聴いただけます。

池田 祐樹 プロ・マウンテンバイクアスリート / トピークエルゴンレーシングチームUSA所属 池田祐樹 公式HP 1979年東京都生まれ。中学から大学まではバスケットボールをプレイ。アメリカ留学中、大学のアウトドアスポーツ体験でマウンテンバイクに触れたことをきっかけにMTBに転身。長距離レースを得意とし、MTBマラソン世界選手権では、7年連続日本代表に。 2019年からはMTB競技に加えてトレイルランを本格的に始め、「ウルトラ マウンテン アスリート」の第一人者としての活動をスタートする。 食生活はプラントベースを実践し、現在7年目。 ・ブログ ・Instagram ・ツイッター

インタビューでは下記のようなお話が登場しました。

point 1:現役のマウンテンバイクアスリートとして活躍

・マウンテンバイクとの出会いは、アメリカでの在学中に偶然に。
・超長距離の種目で、世界各国のフィールドをひたすら走る。


point 2:チームメートに刺激されてプラントベースを始める

・2014年からプラントベース生活をスタート。
・アレルギー症状が出なくなり、ストレスが軽減。


point 3:栄養バランスを最大限意識した食生活

・SOS(Sugar / Oil / Salt)フリーのサラダが定番。 彩りも綺麗で、不足しがちなタンパク質もしっかり摂取できるそうです。


point 4:プラントベースが食に対する価値観を大きく変えた

・アメリカコーネル大学プラントベース栄養学を修了。
・生きた素材を食べることの大切さに気付いた。

▼ご自宅でのランチで食べたビーツカレー。ビーツの色が生きていて、玄米もとっても美味しそう…!


point 5:海外レースで感じた食の多様性

・オーストラリアやネパールなど、チームごとにプラントベースの食事を取り入れている。
・身近なことから始めることが、自分の体や地球のための小さな一歩に。

▼ネパールのチームが食べていたダルバート。ヴィーガンでも栄養満点で、高地でのレースにも対応できるとのこと。

関連記事