杉本薬局 3代目 / 杉本 格朗さん(part 4)

インタビュー音声は上記の再生ボタン、または「Spotify」「Apple Podcast」からもご視聴いただけます。

杉本 格朗(漢方家 / 杉本薬局3代目)
https://www.instagram.com/kakuro_s/

1950 年創業の杉本薬局(鎌倉市大船)の3代目。大学ではテキスタイルデザインや現代アートを学び、2008年に実家の薬局に入る。坂本龍一氏主宰のイベント「健康音楽」や「無印良品」、「湘南蔦屋書店」をはじめ、JAPAN HOUSEやThe Japan Foundationなど、イギリスやフランスなど海外でもワークショップや講演を開催している。「かまくら晴々堂」「EN TEA」「eatrip」ほか、製薬会社などとの商品開発にも携わる。また、アーティストとともに、生薬を使った染物やインスタレーション制作するなど、幅広く活動している。G20大阪サミット「配偶者プログラム」にて漢方監修を担当。著書「鎌倉・大船の老舗薬局が教える こころ漢方」

▼杉本薬局
https://www.instagram.com/sugimoto.ph/

▼著書「鎌倉・大船の老舗薬局が教える こころ漢方」
https://www.yamakei.co.jp/products/2818450330.html

 

簡単な調理で作れる薬膳スープが夏の疲れに効く。

インタビューでは下記のようなお話が登場しました。

point 1:

身体を休める為にお肉やお魚を取らない「野菜の日」を設けてもいいかも。

point 2:

椎茸と昆布でとった出汁と薬膳パックを合わせるだけで、お家でも簡単に作れる夏の疲れにぴったりなスープが完成。

point 3:

食事や生活のバランスを合わせて考えることで、漢方はより効果を生む。


▼おすすめ情報
杉本さんがこの季節におすすめの、お家でも簡単にできる薬膳スープを作ってくださいました。椎茸と昆布を一晩水につけてとった出汁に薬膳パックとスーパーにあるキノコを入れてグツグツ煮込み、塩や醤油などのお好みの調味料で味を整えれば完成。薬膳パックは「杉本薬局」さんのオンラインショップでもお買い求めいただけます。
夏でも冷房による冷えなどに悩んでいる方や秋に向けて代謝を整えたい方は、是非お試しください。

杉本薬局「薬膳十一包」



関連記事